乳酸菌は生き物ですから、基本的に熱や酸には強くありません。
特に胃酸は強力なので、乳酸菌を生きたまま腸に届けるには、カプセルに包んで胃酸から守ったり、熱に強い乳酸菌を使うなどの工夫が必要です。
それでもいくらかの乳酸菌は腸に届かないため、取り入れる乳酸菌の数を多くするのも一つの手ですね。
私たちがサプリを飲む際に気をつけたいことは、できるだけ胃酸の影響を受けにくい、胃酸が薄まっている食後の時間帯に飲むこと。
空腹時は胃酸が活発に分泌されたり、朝起きたすぐでは胃酸が濃く強くなっています。
一方、食後の30分ほどは食べたものや飲んだもので胃酸が薄まっているので、乳酸菌の生存率が上がるのです。
ですので乳酸菌革命を一番効果的に飲むには食後と覚えておいてくださいね。

ゴールデンタイムの夕食後が一番オススメ!

乳酸菌サプリは食後に飲めばよいと分かりましたが、朝昼晩の食事の後では効果は違うのでしょうか?
基本的にはどの食事後でも効果はあるのですが、一番オススメなのは夕食後なのです。
その理由は、夜10時~2時のゴールデンタイムにあります。
ゴールデンタイムでは、人の身体の中では日中に酷使した脳や身体を新陳代謝を高めて修復しています。
腸内細菌もこのゴールデンタイム中に最も活発に働くため、夕食後に乳酸菌を摂ることで、一番の効果を得ることができるのです。

乳酸菌サプリはお水で飲むのがいい?ジュースやお茶は?


乳酸菌は生き物なので、あまりに熱いお湯や冷たすぎる水では死んでしまったり活動がしにくくなってしまいます。
常温の水でも大丈夫なのですが、ぬるま湯で飲むのがいいでしょう
体温に近いか少し温かいくらいのぬるま湯で乳酸菌の働きを助けてあげましょう。

ジュースや牛乳、お茶などは栄養成分の吸収の妨げになるので、必ずお水で飲んでくださいね。

乳酸菌革命の最安値ショップはこちら

関連記事

私の乳酸菌革命の効果口コミレポ