乳酸菌革命の注目成分


乳酸菌革命というと、乳酸菌サプリの中でも雑誌やSNSで話題で人気が高いです。
そんな乳酸菌革命の成分が気になるところですよね。
そこで、この記事では、乳酸菌革命の成分についてじっくりと解説していきます!

乳酸菌革命の全成分

乳酸菌革命の全成分は以下のものになりますが、合計でなんと16種類もの乳酸菌が含まれているのですね。

乳酸菌生産物質粉末(大豆、乳酸菌)、食物繊維(イヌリン、難消化デキストリン)、
ガラクトオリゴ糖、コーンスターチ、グルタチオン含有酵母エキス末、乳酸菌末(EC-12)、有胞子性乳酸菌、乾燥生菌末(ガセリ菌)、ラブレ菌、HPMC

ネットでの情報では、R-1乳酸菌が含まれているという誤った情報が流れているようですが、R-1乳酸菌は含まれていません。
添加物は不使用になるので妊娠授乳中など、成分の安全性に敏感な時でも安心して飲むことができます。

乳酸菌革命の特徴は6つのラクトバチルス菌に加え、ビフィズス菌やガゼリ菌、ラブレ菌といったよく知られる菌がしっかりと含まれていることです。

6種類のラクトバチルス菌は以下になります。

ラクトバチルス・アシドフィルス
ラクトバチルス・ブルガリクス
ラクトバチルス・ガッセリー
ラクトバチルス・ブレビス
ラクトバチルス・ガゼイ
ラクトバチルス・ヘルベティカス

また、乳酸菌の中でも特に主役級といっていい乳酸菌について詳しく調べてみました。

ビフィズス菌

お腹の調子を整えてくれる善玉菌として、よく知られていますよね。
私たちの身体の中、大腸に多く生息する菌です。
腸内環境を整え、健康な体を維持するためには欠かせない菌です。

ラブレ菌

生命力の強い菌としてよく知られています。
口から摂取しても生きたまま腸まで届き、ビフィズス菌を活発化するのに役立ってくれます。

カゼリ菌

酸素の有無にかかわらず、過酷な状況でも生き延びる強い菌です。
日本人になじみの深い善玉菌の一種として知られています。

乳酸菌革命を飲むときに気を付けたいこと

乳酸菌革命の飲み方について、ひとつだけ注意してほしい点があります。
それは、大豆アレルギーの方にはおすすめできないということです。

乳酸菌と大豆?と思うかもしれませんが、培地として大豆を使用していることがその理由です。
このため、大豆にアレルギーを持っている方は、アレルギー反応が出てしまう恐れがありますので、注意してください。

乳酸菌サプリというと、乳製品に対してアレルギーを持っている人はダメだと勘違いしている人もいるようです。
ですが、乳酸菌革命は乳製品ではありませんので、乳製品アレルギーについては問題ありません。
正しい知識で安心して毎日飲んでいきたいですね^^

乳酸菌革命の最安値ショップはこちら

関連記事

私の乳酸菌革命の効果口コミレポ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*