乳酸菌革命で便秘はなおる?


まず便秘には、主に3つの種類があるといわれています。
一つ目は弛緩(しかん)性便秘、二つ目は痙攣(けいれん)性便秘、3つめは直腸性便秘。
加えて、病気が原因で便秘になることもあります。
それぞれの特徴と原因をご説明します。

・弛緩性便秘
腸が便を肛門へ運ぶ力(ぜん動運動)が弱まってしまうために起こる便秘です。
便意があってもトイレに長時間篭ってしまう人に多いようです。また、日本人の便秘の人の8割がこの弛緩性便秘とされています。
原因は、腸の筋肉が衰えてしまったことが大きく、運動不足や老化が挙げられます。また、食物繊維の摂取が少ないと、ぜん動運動が弱まってしまいます。

・痙攣性便秘
弛緩性便秘とは逆で、腸のぜん動運動が強すぎてしまうために起こる便秘です。
ぜん動運動が強すぎると腸に細くくびれた部分がたくさんできて、便がスムーズに送れなくなってしまいます。
原因はストレスが多いといわれています。

・直腸性便秘
肛門の手前が直腸で、ここに便が送られてくると脳に排便を促す信号(便意)が送られます。この便意を繰り返し我慢したため、便意が起こりづらくなる便秘です。
原因は、便意を我慢してしまうこと。学校や職場での便意を我慢し続けるのは良くありません。

・病気が原因の便秘も
3つの便秘の種類に加え、病気が原因で便秘になることもあります。
大腸の形が生まれつきや炎症、腫瘍によって変形してしまい、便が排出しにくくなって起こる便秘です。
弛緩性便秘、痙攣性便秘、直腸性便秘は「機能性便秘」と呼ばれますが、病気が原因の場合は 「器質性便秘」と呼ばれ、治療が必要になります。

乳酸菌サプリで便秘をやっつける!

乳酸菌が効く便秘は「弛緩性便秘」

便秘には弛緩性便秘、けいれん性便秘、直腸性便秘、病気が原因の便秘がありましたが、乳酸菌を摂ることで便秘の解消が期待されるのは弛緩性便秘です。
弛緩性便秘は日本人の便秘の中で一番多いとされるので、便秘で悩むほとんどの人に効果があると言えますね。
一度乳酸菌を試してみて、もし乳酸菌の摂取で便秘が改善されないようなら、他の便秘の可能性も考えられるので、ストレスを減らしたり便意を我慢しないように気をつけてみましょう。

乳酸菌を摂って便秘解消!

健康な人の腸内には、100種類以上の腸内細菌が居るとされています。その数は100兆個以上。
腸内細菌には善玉菌と悪玉菌、日和見菌があり、善玉菌が多いと腸内環境が良くなり体調を整え、悪玉菌が多いと腸内環境が悪くなって人体に悪影響を及ぼします。
日和見菌は、善玉菌と悪玉菌、そのときに多いほうに味方をするという種類です。
理想的な割合としては、善玉菌:悪玉菌:日和見菌が2:1:7とされています。
悪玉菌が多いと、弛緩性便秘、肌荒れ、アレルギー、様々な病気の原因などの症状を引き起こします。

善玉菌とは、乳酸菌やビフィズス菌の二種類が主であり、どちらも乳酸菌とまとめられたりします。
乳酸菌は腸内で糖類を分解して乳酸を作り出し、ビフィズス菌は糖類を分解すると乳酸と酢酸を作り出します。悪玉菌は酸性下では増殖できないので、善玉菌の作り出した酸が多いと、数を減らすことができます!
人間が乳酸菌を積極的に摂ることで、腸内環境の善玉菌を増やし、悪玉菌が増殖できない環境にすることができるのですね。
そして、乳酸菌たちが作り出した乳酸や酢酸は、腸のぜん動運動を促し、便秘の解消をもたらしてくれます。

乳酸菌革命はビフィズス菌だけでなく、ラブレ菌、ガゼリ菌など16種類の乳酸菌が配合され、食物繊維やオリゴ糖も含んでいるので腸を整えるのに最適といえるでしょう。

私も乳酸菌革命で便秘を解消することができたので体験レポもみてみてくださいね。
便秘への効果は?私の乳酸菌革命の効果口コミレポ

乳酸菌革命の最安値ショップはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*